CBDの種類一覧!リキッド、オイル、ワックス、パウダーなどの使い方、メリット、デメリットなど

CBD種類
CBDの種類一覧!
リキッド、オイル、ワックス、パウダー
などの使い方
メリット、デメリットなど

 

おっすおらDOMOTO

 

はいこんにちは

今回はCBDアイテムについて色々伝授するぜー

 

CBDと一口に言っても、

オイルやらリキッドやらたくさんありすぎて何が良いかわからねぇぇ!!

って人が多いと思うんで、各CBDについて詳しく解説していくぜー

 

いっちょやってみっか!

 

CBDとは

CBDとはなにかと言うと・・・

大麻草に含まれるたくさんのカンナビノイド成分の中の1つです。

 

大麻と聞くと日本人なら誰しも『大麻?マリファナじゃん!!やべぇやつなんじゃね!?』となると思いますが、CBDに違法性はありません。CBD商品は基本海外からくるものでちゃんと正規ルートで税関を通過してきています。

さらに詳しくはこちらの記事にて

 

 

CBDの種類

今や世界的にCBDの研究などが盛んに行われ、種類も増え、たくさんのアイテムとして商品化されています。

直接飲み込むタイプもあれば、気化して吸引するタイプなど、用途別に効率よく摂取できるようにバリエーションが様々あります。

 

大きなカテゴリーで分けると・・・

  • 単一CBD
  • フルスペクトラムCBD
  • ブロードスペクトラムCBD

という3種類があります。

 

単一CBDとは・・・

純度99%の”CBDクリスタルまたはCBDパウダー”と呼ばれる物をリキッドやオイルに溶かしたものです。

なので入っている成分はCBDのみです。耐性が付きやすく、使い続けると吸収効率が下がるというデメリットもあります。

 

 

フルスペクトラムCBDとは・・・

CBD以外にもテルペン、カンナビノイドなどの天然成分が含まれていて、相乗効果によりCBDが体に効率よく摂取できる手助けをしてくれます。

耐性も付きにくく長期間使用できるCBDのなかでもハイクオリティな物です。

フルスペクトラムの詳しい記事はこちら

 

ブロードスペクトラムCBDとは・・・

フルスペクトラムと同じくCBD以外にもテルペン、カンナビノイドなどの天然成分が含まれていているCBDです。

フルスペクトラムとの違いは抽出方法だったりと細かいところが違ってきますが、スペック的にはそこまで変わりません。

ブロードスペクトラムの詳しい記事はこちら

 

基本CBDの商品はこの3つのどれかに当てはまるものです。

では早速それも含めてアイテム別で紹介していきます。

 

 

CBD オイル

まずはこのCBDオイルと言われるもので、CBD商品の中でも原点的なものです。

単一CBD、フルスペクトラムCBD、ブロードスペクトラムCBDと様々な種類があります。

 

使用方法

舌に適量垂らして1分少々口の中で転がして飲み込みます。

濃度にもよりますが朝昼晩で1回ずつ使用、しばらく効果を見てその後の量を決めるのが良いです。

最初は500mg濃度くらいから始めてみるのが良いと思います。
物足りない場合は1000mg濃度の物にするか、摂取量を増やす感じで見るのもありです。

 

メリット

リキッドと違いCBDオイルは直接飲むだけなので専用デバイスとかが必要なく、CBDオイル1つ買えばすぐ始められます。

濃度なども色々選べ、大体のCBDメーカーから発売されているので比較的手に入れやすいです!

 

デメリット

メーカーによっては草っぽい味なんであまり美味しくないものもあります。

 

CBDリキッドとは別物なのでご注意ください。

・CBDオイルについてさらに詳しくはこちら

 

CBDMANiA限定20%OFFクーポン!
↓ クーポンコード【CBDMANiA20】↓


『レビュー記事』

『CBDオイルランキング』

 

 

CBD リキッド

VAPE(電子タバコ)などで使用する吸引用に作られたCBDリキッドです。

単一CBD、フルスペクトラムCBD、ブロードスペクトラムCBDと様々あります!

 

使用方法

VAPEや、専用デバイスなどにCBDリキッドを注入して気化したものを吸引します。

通常のリキッドを使用するVAPEであれば大体の機種で使用可能、ワット数が管理できる機種だと20wくらいが調度良くCBDを摂取出来ます。

 

メリット

CBDは吸引による摂取が1番効率よく体に吸収されます。

気化して吸引するので、オイル程直接的な味もしなければ、色々なフレーバーもあるので普通においしいのもたくさんあります。

 

デメリット

まず、VAPEを持っていないと使用できません・・・

しかし最近ではCBDリキッド+VAPE本体のスターターセットなどもあるので初めての方でも参入しやすくなっています。

 

・CBDリキッドについてさらに詳しくはこちら

 

CBDMANiA限定20%OFFクーポン!
↓ クーポンコード【CBDMANiA20】↓


『レビュー記事』

『CBDリキッドランキング』

 

 

 

 

CBD パウダー

色々な用途で使用できるCBD99%の粉末です。

呼び名が色々あり、CBDパウダー、CBDアイソレート、CBDクリスタル、結晶などと言われますが、全て粉末状の純度の高いものです。

ノーマルCBDのみです。

 

使用方法

・CBDオイル同様、そのまま舐めて使用
・食べ物、飲み物に混ぜて使用
・CBDオイルに混ぜて濃度UPさせて使用
・CBDリキッドに混ぜて濃度UPさせて使用
・通常電子タバコリキッドに混ぜて使用

 

メリット

上記のように様々な使い方が出来るのがこのCBDパウダーの魅力です。

とにかく何にでも混ぜられるので、自作CBDオイル、リキッドを作るのもあり、もともとのCBDアイテムに混ぜて濃度UPさせて使うのもありと、万能選手的な感じです!

 

デメリット

混ぜる場合はひと手間掛かります・・・
目感覚でも行けますがある程度の濃度計算が必要、それに伴い1g単位から測れるスケールなども必要になる場合があります・・・

あとは混ぜてる最中にくしゃみしてしまうと終わりですw

 

・CBDパウダーについてさらに詳しくはこちら

 


『レビュー記事』

『CBDパウダーランキング』

 

 

 

 

CBD ワックス

一部VAPE専用デバイスで使用可能の超高濃度CBDです。

フルスペクトラムやブロードスペクトラムといったものが多く、CBD製品の中でもトップクラスのCBD濃度です。

 

使用方法

基本的に専用デバイスに入れて使用しますが、電子タバコのRDAと言われるアトマイザーのコイルに塗って使用することも可能です。

その他、CBDオイルと同様経口摂取も可能、更には肌に塗って使用することもできます。
色々な使用方法がありますが、効率が良いのは専用デバイスか、電子タバコのRDAによる吸引摂取です。

 

メリット

CBD濃度は90%以上の物もあり、数多くあるCBDジャンルのどれよりも高濃度です。
CBDワックス初めての方向けに今はスターターセットなどもあるので、初心者の方でも最初から最高のCBDを味わえます。

たった1回の吸引でもかなりの量のCBDが摂取されるのでコスパもいいです。

 

デメリット

高濃度なものがほとんどなので、初めて使う方は最初は咽てしまうことがあります。

 

・CBDワックスについてさらに詳しくはこちら

 

CBDMANiA限定20%OFFクーポン!
↓ クーポンコード【CBDMANiA20】↓


『レビュー記事』

『CBDワックスランキング』

 

 

 

CBD ペースト

経口摂取で使用するCBDオイルの濃度を上げた強化版みたいなものです。

フルスペクトラムCBDのみです。

 

使用方法

CBDオイルと同じく、舌に垂らして1分~2分程口の中で溜めてから飲み込みます。

直接口に入れずらい場合はスプーンなどに取り分けて使用するのをおすすめします。

 

メリット

最大CBD50%とメディカルグレード級の超高濃度まであります。

CBDオイルは高くでもCBD24%くらいなので、約2倍濃いCBDを摂取することができます。
フルスペクトラム仕様なので、吸収効率も高いものです。

 

デメリット

やはりおいしくないです・・・

より濃いCBD濃度なので口の中に残るピリピリ感は否めません・・・
味も選べないので、苦手な方には多少辛いかもしれませんね

 

 

 

 

 

CBD カートリッジ

最近登場した使い捨てカートリッジの中にCBDリキッドがあらかじめ入っているタイプです。

驚くべきは中に入っているCBDの濃度が最大60%と超高濃度でフルスペクトラム仕様の物が多いです!

CBDリキッドの中ではずば抜けて高濃度で、吸った感じなんかはCBDワックスとほぼ同じくらいの満足感があります。

 

使用方法

510スレッド対応のVAPEにつなげて吸引摂取にて使用します。
ワット調節が可能なVAPEの場合はは6~10wほどがおすすめです。

 

メリット

リキッドなのに最大CBD濃度60%というずば抜けた最強濃度です。
カートリッジ式なので、リキッド補充、コイル交換などの手間が一切ありません。
スターターであれば、初心者の方でもすぐに使いこなせるほど簡単な操作なので、CBDデビューしたい方にも強く推奨できます!

 

デメリット

こちらも510スレッド対応VAPE本体がないと使用できません。
もちろんCBDカートリッジのスターターセットはいろいろ出ているので初めての方にも参入は簡単ですが。

あとは容量も少ないので調子に乗ってバンバン吸っているとすぐ無くなります。

 

・CBDカートリッジについてさらに詳しくはこちら

 


『レビュー記事』

『CBDカートリッジランキング』

 

 

CBD グミ

続いてCBDグミです。

最近登場した食べるCBDです。

このCBDグミが今かなり人気で、初心者の方はもちろん、上級者の方にも広まりつつある最新のCBDアイテムです!

 

使用方法

食べるだけですが、少々コツがあります。
すぐに噛んで飲み込むのではなく、舌下(下の裏)にて溶かして摂取する方がより効率よくCBDが体に吸収されます。

 

メリット

特別容易するものはありません、なんせ食べるだけなんで。
今のところ1番お手軽にCBDを接種できるアイテムとなっております!

 

デメリット

溶かさずに噛んで飲み込んでしまうとCBDの吸収率が低くなります。
あとはおいしくてついつい普通のグミ感覚で食べ過ぎてしまうととてももったいないです。

 

・CBDグミについてさらに詳しくはこちら

 

CBDMANiA限定20%OFFクーポン!
↓ クーポンコード【CBDMANiA20】↓


『レビューページ』

『CBDグミランキング』


 

CBDタブレット

続きましてCBDタブレットです。

CBDグミと同じく誰にでも簡単にCBDが摂取できます!

 

使用方法

CBDグミと同じく舌下摂取がおすすめです。

 

メリット

これも道具など必要なくただ食べるだけです。
なんならCBDグミよりも小さいので物理的に食べやすいです!

 

デメリット

商品によっては味はクセが強いものもあります。

 

『CBDタブレットの詳しい記事』

 

 

 

 

CBDってどこで買えるの?

CBDは基本的に売っているお店が少ないです

電子タバコ専門店にたまにおいてあることがあるレベルです・・・

ちなみにほとんど関東、主に東京です・・・

 

なので基本的にネット通販で買う事になると思いますが、その中でも評判の良いお店が下の3つです!

 

こういった専門店だと詳しい説明や違いも分かりやすく書いてあるので初めての方にはおススメです!

まあ他にも楽天やYahoo!ショッピングでも売っていますが、別にそこまで金額も変わらないので、だったら信用できる専門サイトから購入した方が良いと思います。

 

 

まとめ

このようにCBD商品は様々な種類がこの世の中にあります・・・

様々なユーザーに合わせたものが製品化されているので最近は初めての方にも使いやすくなりましたね。

高濃度なCBDを手っ取り早く吸収したいならばCBDワックスやリキッドなどの吸引系、好きなタイミングで簡単にCBDを摂取したい場合はCBDグミやオイルなどの経口摂取系がおすすめです。

ぼくが実際にCBDを試してみた感想記事的なものもあるのでよかったら見てみてくださいー

こんな感じで気になる方はぜひともおためしあれー

 

↓その他CBD関連記事↓

CBD初心者、初めての人必読!今まで使ったCBD全種類のおすすめポイントなどのまとめ!
CBD初心者、初めての人必読!今まで使ったCBD全種類のおすすめポイントなどのまとめ!おっすオラDOMOTOワクワクすっぞー今回はオラが今まで使ってきたCBDアイテムっちゅーもんを余すことなくまるごと全部紹介すっ...
CBDレビューまとめ!種類別おすすめランキング2021!初心者必見、人気商品を厳選!
CBDレビューまとめ!種類別おすすめランキング2021!初心者必見、人気商品を厳選!おっすおらDOMOTOさて今回はCBDの種類別ランキングだぜーCBDを初めて試したい人にわかりやすいようにおれが使ってきたCB...
CBD全種類の使い方まとめマニュアル!効果的な使用方法なども解説!
CBD全種類の使い方まとめマニュアル!効果的な使用方法なども解説!おっすおらDOMOTO今回はCBDの使い方について説明するぜーとりあえず世にある全種類のCBDの使い方をより詳しく分かりやすく説明するぜーこれ...
CBD種類
「CBD種類」の記事一覧です。
CBDレビュー
「CBDレビュー」の記事一覧です。
CBDランキング
「CBDランキング」の記事一覧です。
CBDその他
「CBDその他」の記事一覧です。