プルームテック対応のVAPE、KIPO POD Kitがベプログがら登場!初心者におすすめのスターターキット!

スターター

 

プルームテック対応のVAPE
KIPO POD Kitがベプログがら登場!
初心者におすすめのスターターキット!

 

ベプログ様より商品提供して頂きました。

 

おっすおらDOMOTO

 

さて今回はプルームテック対応VAPEをレビューしていくぜー

 

今回紹介する機種はVAPEとしてもプルームテックとしても2通りの使い方ができる万能なヤツだぜー

そしてリキッドも付いてくるスターターキットなんかもある初心者にもうれしいセットだぜー

同じようなスペックでターレスっていう機種も人気だが今回の機種は価格が3000円台というのがおすすめポイントだぜー

 

って感じで早速紹介していくぜー

 

それではーれっつらごー

 

UNIVAPO×ベプログ KIPO

こちらが今回紹介するプルームテック対応VAPE

UNIVAPO×ベプログ KIPO Kitです。

見た目が非常にコンパクトで持ち運びにも便利なPODVAPEタイプです。

 

スターターキットではベプログオリジナルのTARLESS ターレスリキッドも5本ついていきます。

それぞれ異なるフレーバーで各10mlです。

 

KIPO本体のサイズは同じプルームテック対応の人気商品、ターレスと比べてもかなりコンパクトなのが分かります。

持ち運びが便利そうなサイズ感で個人的にはグッジョブな仕様です。

 

ってな感じでKIPOについて使い方や性能などを詳しくレビューしていきます!

 

KIPO 使い方

それでは使い方を順を追って説明していきましょう!

 

PODにリキッドを入れる

まずは付属しているPODカートリッジ内にリキッドを入れます。

 

PODカートリッジは本体にマグネットでくっついているので引っ張ると簡単に取り外しができます。

 

POD側面に黒いシリコンキャップが付いているので、そこをずらせばリキッド注入口が現れます。

 

こんな感じでリキッドを注入したら完成です!

ちなみにリキッド容量は2mlです。

あとは本体に装着します。

 

電源を入れ、吸引する

本体側面に丸いボタンが1つあります。

このボタンを5回プッシュで電源ON/OFFです。

電源をONにしたあと、ボタンを長押しで煙が発生します。

ちなみにオートパフ(自動吸引)もできるので、そのまま吸っても煙が発生します。

 

プルームテックを装着する

PODの先っちょにプルームテックがぴったりフィットする穴が開いているのでそこにプルームテックを装着させます。

 

あとはそのまま吸うだけです!

このように使い方自体はとても簡単で初心者の方にも簡単に扱うことができます。

 

まとめるとこんな感じです↓

 

 

通常VAPEとして使う場合

通常VAPEとして使う場合は単純にプルームテックを装着せずに吸えばいいだけですが、それ専用のPODカートリッジもあります。

 

通常のプルームテック対応のPODカートリッジと比べると吸い口が細く、小さ目な印象です。

 

リキッドの入れ方も同じくPOD側面のキャップを開けて入れます。

リキッド容量も2mlです。

 

 

KIPO 吸ってみた感想

それでは早速いろいろ吸ってみたので感想を書いていきます。

 

吸ってみた感想(プルームテック)

率直な感想は、純正プルームテックと変わらずの満足のいく吸い心地です。

煙に関してはむしろ多い感じがして満足感がより高いですね。

あとはVAPEだからこそ好きなリキッドを入れられるというのが最大のメリットで、好きなフレーバーでいろいろな味が楽しめるのも良いですね。

 

吸ってみた感想(VAPEとして)

VAPEとしてもPODVAPEレベルでは煙が多く味も濃く感じるので初心者にはとてもおすすめです。

出力は調整できないので煙量を多くしたりはできないですが、体感15wくらいの煙量です。

PODのΩ数は1.0Ωと1.3Ωの2種類あるのでどちらも味が濃い目に出る仕様です。

 

吸ってみた感想(ニコチンリキッド)

VAPE専用のPODカートリッジでニコチンリキッドも吸ってみました。

感想は、MTL限定の吸い方になりますが、煙量もとても丁度良く味もとても濃く感じ個人的にはとてもお気に入りです!

ニコチン濃度はMTL用に12mg/mlほどでとても良い感じに吸えました。

 

TARLESS ターレスリキッド

KIPOスターターキット限定でこちらのTARLESS ターレスリキッドが付いてきます。

フレーバーは5種類あります。

  • アイスメンソール
  • エナジードリンク
  • メロンソーダ
  • グレープジュース
  • クラフトコーラ

プルームテックにも相性良く、単品で吸っても美味しいリキッドなので初めての方にはとてもお得なセットですね。

 

KIPO 詳細

スペック

  • サイズ:100.5mm×18.5mm
  • バッテリー:内蔵520mAh
  • リキッド容量:2.0ml

 

付属品

  • KIPO本体×1
  • プルームテック対応POD×2
  • type-C 充電ケーブル×1
  • ストラップ
  • 説明書

 

スターター付属品

  • ベプログ限定リキッド10ml×5

 

バッテリー容量は520mAhとそこまで大容量ではないですが、決して爆煙VAPEではないので1日以上は余裕で持つスペックです。

ちなみに充電はtype-Cでさらに急速充電対応なので20分でフル充電可能です。

 

KIPO どこで買える?

KIPOはずばりベプログにて購入できます!

本体とPOD2個、リキッド5本まで付いて3,480円(税込)は普通のPODVAPEと比べてもかなり安い価格設定なので初心者にはとてもうれしいプライスですね。

 

 

 

まとめ

KIPOはVAPEとしてもプルームテックとしても使える万能な機種です。

プルームテックの場合も純正プルームテックと遜色ない吸い心地でさらにフレーバーを好きなものに変えられるというのが最大のメリットです。

バッテリー的にも1日以上は十分使えるレベルで持ち運びも便利なので女性にも扱いやすい印象ですね。

その他通常VAPEとしても十分なスペックで、とにかく味が濃く感じるのでニコチンを絶って禁煙を目指しているという方にも役に立ちそうな吸い心地です。

 

一方デメリットとしては出力が調整できません。

VAPEユーザーで爆煙がお好みの方には満足感が得られないでしょう。

あくまでVAPE初めての方やプルームテック互換機として使う方向けの商品というイメージです。

 

個人的なおすすめポイントはやはりニコチンリキッドにとても最適な吸い心地と煙量ですね。

あとは電源ONの状態でさらにボタンを3回プッシュするとロックモードになり、オートパフのみ対応という仕様がとてもありがたいですね。

ロックモードは電源がONの状態でボタン操作ができなくなるのでポケットでの誤作動防止に役立ちます。

 

ってな感じでKIPOはVAPEを初めて使いたい方、プルームテックでフレーバーを自由に変えたい方にはとても強く推奨できる機種です!

 

気になる方はぜひともおためしあれー

 

 

 

↓その他VAPE関連記事↓

電子タバコ
「電子タバコ」の記事一覧です。
スターター
「スターター」の記事一覧です。
アトマイザー
「アトマイザー」の記事一覧です。
リキッド
「リキッド」の記事一覧です。
電子タバコ雑学
「電子タバコ雑学」の記事一覧です。